薬剤師の転職体験談について

同じ職場は緊張感ややる気がなくなる

大きい職場で疲れてしまった同じ職場は緊張感ややる気がなくなる過疎化地域で役に立つ職場病院の薬剤師に転職したことで仕事がしやすくなりました

長く続けていく中で同じところで働き続けることは、ある意味マンネリ化します。
薬の調剤も最初は新鮮味や緊張感があるものですが、徐々に薄れてしまってルーチンワークになりがちでしたので、全く別の分野で働いてみる意味を探すことにします。
大病院という大きな組織から離れての行動でしたが、院内処方以外では最近特に多くあるのがドラッグストアでの採用です。
しかも紹介してくれた先輩も恩恵を受けられるみたいで喜んで人事に話をしてくれ、面接などもあっさりと決まりさらに採用もすんなりと決定しました。
給料などは大病院とほとんど変わらないか微増程度でしたが、ドラッグストアの調剤薬局は勤務時間がほぼ決まっているので休みが取りやすいことはプラスかなと思っています。
また大病院では色々な診療科の調剤を受け持っていましたが、こちらではほとんど同じような医療機関からの処方が多く、慣れやすく仕事がし易く感じられます。
無論、調剤薬局は全国どこからの保険医療機関からであっても受け付ける義務はありますが、他県などの医療機関の処方などは滅多にありません。
近隣の医療機関からのものが圧倒的であるため、その意味では楽かなという気持ちもします。