薬剤師の転職体験談について

過疎化地域で役に立つ職場

この地域では徐々に少子化と高齢化が進んでいて、高齢者の方から処方を任されるケースが多いです。
子供さんの分の処方も多いですが、むしろ高齢者の方の方が多く、説明を丁寧に分かりやすく行うように心掛けています。
転職時の面接でも高齢者が主として来訪するため、言葉遣いや声の大きさなどに注意をして欲しいと伝えられてはいました。
ちょっとした心がけで薬局を訪れる患者さんの気持ちも変わります。
薬を渡して終わりだけでは無く、それ以外で飲み合わせや聞ける範囲で薬の飲み忘れなども確認をしたりします。
このように転職後もすんなりと薬剤師として働けているわけですが、大病院という大きな組織からの転職には勇気がいります。
それでもその経験がこれからに結びついているという実感もあって、仕事がある意味し易かったです。
薬剤師として経験を積むことと生活を成り立たせることなども総合的に考えていくことで、成功しやすいのでは無いかと考えます。

大きい職場で疲れてしまった同じ職場は緊張感ややる気がなくなる過疎化地域で役に立つ職場病院の薬剤師に転職したことで仕事がしやすくなりました

薬剤師 転職 | 薬剤師転職サイトランキング